クラウド会計ソフトの活用法をご案内します! | 会計ソフトウェアドットコム

クラウド会計は次のような会社に最適です!

  • 創業が間もなく会計に費用をかけられない
  • 専任の経理事務員がいない
  • 会計事務所に支払う記帳代行のコストをもっと下げたい
  • 通帳やクレジットカードの取引データを自動で会計入力したい
  • 年度が変わる度や消費税増税のたびに会計ソフトの購入をするのが煩わしい
  • Macintoshやスマートフォンで会計データの入力をしたい


従来は、会社のパソコンもしくはお仕事専用の自身のパソコンに専用の会計ソフトをインストールし記帳していた業務を、全部インターネット上のサーバー(=クラウドサーバー)にプログラムもデータものせて運営する、というスタイル会計システムのことです。

インターネットにつながる環境さえ整えておけば、場所を選ばず環境を選ばず、いつでも・どこでも、経理業務や作業・会計状況を確認することができます。パソコンからでもスマートフォンからでもタブレットからでも大丈夫!

会計データもインターネット上のサーバーに保存が可能な為、突発的なデータ損失を防ぐことが出来ます。

また、データの自動取り込みや自動仕訳と言った機能も充実・経理業務に係る時間を大幅に削減できるので、本来の仕事に集中していただくことが出来ます。

クラウド会計を導入するメリットって?

クラウド会計を導入すると、大幅な作業時間の短縮が可能です!

メリットを最大限活用し、効果的な運用を行いましょう!

  • 経理業務を自動化


    各金融機関との連携により登録しておくと、銀行明細やクレジットカード・電子マネーなどの取引データを、直接または連携サービスから取り込み取引明細を自動取得してくれます。入力は基本的には必要なく、毎回の手入力の手間が激減します。

  • 常に最新版にアップデート


    クラウド型会計ソフトは常に最新版にアップデートされます。消費税等の最新税制にも迅速に対応いたします。パッケージ型の会計ソフトと異なり無料で更新されます。また様々な新機能の追加もズムーズです。

  • 簿記の知識は不要


    自動連携により取得された取引については、取引内容の推測により自動仕訳が行われます。取引の勘定科目は適切なものを自動で選んでくれるので、入力の必要もありません。履歴の蓄積によりその精度が向上していくため、簿記の専門知識がなくとも手軽に帳簿作成を行うことが可能です。

  • いつでもどこでも経理作業


    クラウド会計ソフトはインターネットがつながればどの端末からでも経理作業を行うことができます。パソコンのOSやスマホ・タブレットといった端末が異なる場合でも、問題なく作業を行うことが出来、隙間時間も経理作業の時間として有効活用できるようになります。

What’s New