クラウド会計とは

そもそもクラウド会計の『クラウド』ってなに?

インターネット上でソフトを動かすことが出来る利便性が高いサービス

クラウドとは『クラウド・コンピューティング』の略称で、従来ならパソコンの中に使用・保存していたプログラムをインターネット上で使用・保存できるインターネットサービスです。

有名なサービスを例に出しますと『G-mail』や『Dropbox』がクラウドサービスに該当します。

クラウドサービスは、インターネット上で使用するサービスとなるので、パソコンやタブレット端末・スマートフォンなどのからでもIDとパスワードを入力するだけで、環境や場所・タイミングを問わずいつでも最新の状態になっている情報にアクセスすることが出来ます。

従来型のソフトでは、急にパソコンが故障してしまった時やその復元、停電等の思いがけないトラブルに対応するための装置(UPS等)が必要になる、といったリクスや投資が必要となりましたが、クラウドサービスではIDとパスワードさえ保存しておけば、そういったことも回避することができます。

アップデートやメンテナンスが不要

ソフトのメンテナンスやアップデートは、提供する会社が実施するため、自社で行う必要はありません。
また、データを複数の人間が同時に閲覧することも可能となります。
色んな意味で業務改善効率化という意味でも有益なサービスです。

クラウド会計とは

クラウド会計とは、クラウドサービス上で会計ソフトを活用することを指します。

完全クラウド型会計ソフトは、各パソコンへのインストールを必要とせず、バージョンアップやメンテナンスは不要です。一年ごとにバージョンが上がることも、税法改正の度に追加パッケージを購入する必要もありません。

パソコンなどへの端末へインストールをする必要がない会計ソフトであるため、Windows等のOS(オペレーティングシステム)やタブレット端末・スマートフォン等に関係なく、操作をすることが可能となります。ただし、インターネットを接続できる環境が必要となります。
複数人で入力することや、銀行データの取込などにも対応しているソフトが多く、また銀行データを読み込むことで自動的に仕訳までを完成させてくれるソフトもあり、従来のソフトとくらべても圧倒的に利便性が高くなります。
業務効率を重視する場合は、必ず選択肢に入るソフトでしょう。

クラウド会計のメリット・デメリット

主なメリット・デメリットは下記のようになります。

経理業務効率の劇的な改善や、従来型の定期的なバージョンアップからの解放、等がメリットとして挙げることが出来ます。

メリット

  • バージョンアップ・メンテナンスが不要
  • 税法改正や消費税の増税にも自動アップデートで対応されます。
    パッケージ型の会計ソフトと異なり新しいバージョンを購入する必要なく、全て無料で更新。
    かつ手動で各パソコンにインストールする必要はありません。

  • 圧倒的な業務効率・データ取り込みや自動処理を活用することが出来る
  • ネットバンキングやクレジットカード、Amazonのデータ、スキャナーによるレシートのデータなどを自動的に取り込むことにより、入力の作業が大幅に省力化できます。
    また、自動的に取得された明細データにルールを設定することにより、経理処理を自動的に進めることができます。
    ※クラウド会計ソフトを導入すると自動的に自動化されるわけではありません。初期の設定が大切となり、後々の効率に大きな影響を及ぼします。

  • 強固なセキュリティ
  • クラウド会計ソフト会社は、現状では最高レベルと言われている銀行と同水準の暗号化技術を採用しており、堅固なセキュリティ体制です。
    また、メールアドレスや金融機関にアクセスするためのデータは全て暗号化されています。
    データを保存しているバックアップサーバーは分散化されており、1か所のバックアップ拠点に災害や事故が起きても、残りのバックアップ拠点が残っているためデータが消える可能性を極めて少なくしています。

  • 環境や端末を選ばずに業務を行うことが出来る
  • クラウド型会計ソフトは、ネット環境さえあれば、パソコンはもちろん、スマホ・タブレット端末などで、いつでもどこでも操作することが可能です。
    インストール型の会計ソフトは、MacやWindowsなどのOSによって対応ソフトが異なるので、
    使用するパソコンに合わせて購入する必要がありますが、クラウド型会計ソフトは、MacでもWindowsでも、OSを問わず使用することができます。
    また、クラウド型会計ソフトは、複数人で同時に利用することが可能なため、時間を要する入力作業などにおいては、大幅に時間短縮することができます。

一方、デメリット項目は、そこまで大きなものはなく、対応可能なものが多いと言えるでしょう。

デメリット

  • 使用する為にインターネット環境が必須
  • インターネット上にデータを預けるため、セキュリティが心配
  • web上で作業をするため、通信環境によって動作が緩慢にケースが
  • IDとパスワードを知られると、どこからでも見られてしまう