クラウド会計ソフトの導入が失敗する理由

経理は、どんな会社でも必要かつ重要な根幹業務です。

帳簿をつけるには様々なルールがあり、複雑な税法も絡んできます。

その為、適切な処理を継続して行うことが出来る人材を確保することが難しいこともあり、税務申告だけではなく、経理の業務全般を税理士さんに委託している会社様は多いのではないでしょうか。

それに加え、社内のルールや業界特有の事情も絡み、とても複雑なものとなります。

そんな経理業務をクラウド会計を活用し効率化することは、とてもとても有意義な試みではないでしょうか。

しかしその複雑さゆえ、手順を誤ってしまうと思ったような効果を得られない、すなわち失敗という事態に直面することとなります。

なぜ導入が失敗してしまうのか、それは主に下記の理由によるものが多いとされています。

自分の会社に合っているのかがわからない

経理のスタイルは会社様によって異なるものでです。
現預金の出納帳を作成し記帳を進めていくオーソドックスなスタイルから、近年多くなってきている伝票レスの経理スタイル、表計算ソフトを駆使した業務効率化を意識した業務体制、様々です。

領収書一枚を処理するだけでも、会社様ごとに色々な流れやルールがあるのではないでしょうか。

そんな環境に、ただクラウド会計ソフトを導入しても、業務の流れと合わない・逆に工数が増えてしまった、といったトラブルは往々にしてあるようです。

使い始めるまでの準備や体制づくりがとても大変!

クラウド会計ソフトを活用するためには、ある程度ソフトに合わせた仕組みづくりを行うことも肝要です。
ルールに合わせてクラウド会計ソフトを活用すると同時に、クラウド会計ソフトに合わせてルールを構築する、といった前向きな思い切りも必要となります。
また、クラウド会計ソフトの機能をフルに活用するためには、インターネット上での銀行データやクレジットデータの取得を行う必要もあり、併せて見直しを行うほうがベターな場合もあります。

闇雲に体制を変化させていくのではなく、大局的な視野を持ってどの部分を残しどの部分を変化させるかを見極める必要があります。

そのため、導入までの経緯がとても大事となり、その分体制づくりが大変となってきます。

そもそもお願いしている税理士さんがクラウド会計に対応していない!

クラウド会計ソフト導入し、体制づくりもバッチリ、業務の効率化も見えてきた!

…しかし、税務申告には税理士さんの協力は不可欠です。
ところが、税理士さんが、会計事務所が、クラウド会計ソフトに対応していない、もしくは、しない、というケースが多いようなのです。

こちらの理由も多岐にわたりますが、よくよく聞いてみると会社様と同じように、税理士さんサイドでも既存の形から抜け出すことが出来ず、クラウド会計ソフトに対応することが出来ていない事務所さんが多いようなのです。

もしくは、クラウド会計ソフトに業務を奪われかねない、という危惧から、クラウド会計ソフトには意図的に対応していない、という税理士さんもいらっしゃるとのこと。

導入を検討されている会社様の担当税理士さんは大丈夫でしょうか?
事前に、確認をされておくことをお勧めいたします。

ソフト会社のサポートもあるが、そもそも何をどうサポートしてもらえばいいのかわからない!

クラウド会計ソフトを作成している会社はたくさんございます。
ソフトの提供と同時に、様々なサポートを提供されています。

また、クラウド会計ソフトに対応している会計事務所さんも、様々なサポートプランを行っているようです。

しかし、どのサポートが自社に適切か、イマイチピン来ないことが往々にして有るようです。
わからないことがわからない、といった感覚に陥りかねません。

また、サポートの内容は謳っているものの、肝心の費用については『要ご相談』や『まずはお見積を』といったケースをよく目にします。
大まかなラインでの費用を事前に確認することが出来れば検討の余地もあるものの、まったくつかむことが出来ないと「過度な営業を受けるのではないか」という気持ちから、見積もりすら依頼できない状況になったりもするようです。

そういった背景から、クラウド会計ソフトを導入すると費用総額がどれくらいになるのか検討がつきにくい、ということになり、その結果導入を断念することにつながっているようです。