よくあるご質問

クラウド会計について

そもそもクラウドって何?
インターネット上でソフトを動かすことが出来る利便性が高いサービスです
パソコンにソフトをインストールする必要がなく、インタネットに接続さえしていればどこからでもアクセスできるため、作業の場所と環境を選びません。
データの保存場所は?
クラウド環境のソフトはインターネット上にデータを保存する
従来のソフトと異なり、パソコン内ではなくインターネット上にデータを保存するため、思いがけないパソコンのトラブルでデータを消失する危険を回避することが出来ます。
データのセキュリティは?
各クラウドサービスの運営元は、金融機関レベルの高度なセキュリティを施しています。
活用を検討しているサービス会社がどのようなセキュリティシステムを採用しているか、事前に確認するのがいいでしょう。

クラウド会計ソフトについて

普通の会計ソフトとクラウド会計ソフト、なにが違う?
クラウド会計ソフトは従来の会計ソフトの欠点をカバーしています。

クラウド型と従来型のおおまかな比較

クラウド型会計ソフト 従来型会計ソフト
インストール 不要 必要
OS Windows・Mac両方に対応 ソフトにより対応OSが異なる
(Windows・Macどちらか)
デバイス パソコン、スマホ、タブレット端末などから利用可能 パソコンのみ利用可能
支払い 月額制 or 年額制 パッケージ購入 or ダウンロード購入
バージョンアップ 無料 有料(年に1回必要)
インターフェース
(構成・操作感など)
シンプル 複雑
グラフレポート あり なし
預金取引 自動取得可 手動
クラウド会計のソフトにはどんなものがある?
様々な会社からクラウド会計ソフトがリリースされています。
ユーザー数が多いソフトは、『弥生会計オンライン』『MFクラウド会計』『クラウド会計ソフト freee』となります。各ソフトに様々な機能・特色がありますので、比較検討の上導入するのがいいでしょう。